::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::コメディ案
久しぶりに帰ってきた我が家に。
青山劇場に入ってから上のこどもの城ホテルをキープして貰い、
劇場の外に出ることなく、缶詰を慣行。
観光にならないよう、CG野郎の巨匠をゲットし、ひたすら編集。
13日から16日まで、ほぼこどもの城の建物でスゴした。

そんなこんなでEXILEも初日を開けた。
千原さんの登場がかつてないほど受けて大変そうだった。
ほとんど笑いなしのハードボイルドゲイの役をやっているのだけど、
お客さんはそんな事期待も予想もしてないから、
やはり、登場一発大爆笑
宮迫さんの時もそうだったけど、やっぱり何やっても笑う空気はある。
でもそれは役がある芝居の場合やりにくいんだろうなー。

宮迫さんは天才的な感性の押し引きでお客さんをそうじゃないんだよ的にひっぱって、
笑いを本来の芝居通りの方向に持っていくあたり、凄かった。
バラエティの時みたいに、みんな面白くなるような的な
懐の深さみたいな。

でもジュニアさんは相当キツそうだった。
だってハードボイルドゲイだもん。
その登場も、少し笑いまじりなら、お客さんも笑いのピークとか、
ナビってもらって落ち着けるだろうが、
それもないから、登場しただけで笑いが起きて、
その笑いがとにかく引かない

ロバート・ロドリゲスプラネット・テラーという映画に、
「LOST」サイードとか、ブルースウィルスが出ただけで客が笑うのに似てたけど、
あっちは意図してやってるからなー。ちなみにこれは観た方がいいよ。・・・

本人の本意不本意はあれど、千原さん相当いい役者だ
かなりの天才だと思う。
最近はコント番組とかミーハーなのしか無いからあまり見れないけど、
相当な腕がまだ隠されてるような気がする。
自身のライブ以外でもっと見たい。
小劇場系のテクニック満載の人とからんだら面白そうだなー。
宮藤さん「轟天vs港カヲル」みたいなストレートコメディ最近書いて無いけど、
あれ系に出た所見てみたいなー。

UKじゃあ、テクニック満載のコメディアン
質の高い(内容は低レベルだが、作りの質が高い)コメディ番組とかで、
テクを発揮しまくってるしな。
日本は笑い系のカメラマンとか照明とかが少ないから当分無理だろうけど、
いつかはそんな環境を作りたいなー。

「大日本人」とかも、BBC関係の制作会社とかが作ってたら、
100倍面白くなってるだろうに。
そう考えると、三木さんがやってた頃のダウンタウン系は
作りの質は高かったなー。

自分でやるにゃー相当な気合が必要だなー。
面倒くさいなー。話の流れでやらざるを得ない状態になるのが
ベストだな。
スポンサーサイト
文化  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 blog de Moocho , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。