::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::光の道に現代の革命を重ねる
SoftBank対NTT政府。

世界の歴史に重ね合わせるなら前者が革命側で、後者が保守側になる。
孫さんがチェになる。

この問題と、身の回りの人々の関わり方を見ると本当に政治への無関心さを感じる。

投票権どころか、全国民が毎月高い金をはらっているのだから、この通信や携帯の政治には完全に参加していることになる。

ムーチョは昔からどちらかというと、改革側の見方だから、当然SoftBank側に見方をする。

身の回りでdocomoを使っている、使い続けている人のほとんどは電波の話をする。
docomoは電波がいいから、そのまま使い続けようと。

この行為は完全に保守派の考え方だ。
投票を、継続して使うことによって維持している形になる。

SoftBank、といかiPhoneのアプリに、電波チェッカーというのがあって、例えば下北沢の庄屋の二階の奥で電波が通じなかったとする。イラっとくるんだけど、その時、電波チェッカーを立ち上げる。すると、電波が繋がる所に移動すると、留守電の様にほとんどオートで、そこ電波が繋がらないというのをSoftBankに送信してくれる。もちろん、具体的に前途の様なコメントを添えることも出来る。

かつてこれ程具体的にお手軽に政治に参加するシステムがあったろうか。

税金のシステムや、お役所はすぐ変わらないし、やつらの聞く耳の持たなさは、ほとんどの大人は知っているから、何も言わない。せいぜい友達に愚痴を垂れる程度だ。それはすげーいい事だと思うけどね。

SoftBankは今、日本でも滅多に見れない、旧体制に喧嘩を売る企業だと思う。外交問題の弱腰に文句を言ってる人がdocomoを無神経に使っていたら、笑ってあげていいと思う。

孫さんも今までの人に比べて裏表の無い人だと思う。

でも個人的にはauを使い続けている人が好きなんだけどね(笑)

スマートフォンを使う事に抵抗があるかもだけど、ムーチョの二歳の子供は自分でiPhone立ち上げてロックを解除してYouTube立ち上げて履歴やお気に入りからアンパンマン見てる。

絶対誰でも使えるはず。
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 blog de Moocho , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。