::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::クラシコ
日本時間朝五時。
無理矢理起きてバルサ対レアルを観戦。カンプノウ、バルセロナのホーム。

恐らく他の何物にも変えがたい自分的に究極のエンターテイメント。間違いなく一年のうちで最高の一日。

二年前、クラシコを現地で観た。
今回も本当に行きたかったけど、行かなかったけど、毎年本当は行きたい。
世界中で4億人の人間がLIVEでテレビ観戦する試合の、98000人分しか無い貴重なスタジアムの座席の一つをお借りするので、バルセロナのサポーターには本当に申し訳ないけど、ここ数年、バルセロナの試合は95%観ているし、二年前クラシコの後、ガウディの街灯によじ登ってうる覚えのバルサの歌をを一緒に歌ったし、名前もムーチョだし、ワールドカップのイニエスタの決勝ゴールの瞬間興奮して早朝の外まで走って電柱によじ登ってゴミにダイブして負傷したし。

クラシコだけは絶対的にオススメ出来る。歴史的な建造物にも現地人と一緒に半裸で登れるし、知らない人はフランコとカタルーニャとピカソで検索すればその因縁が分かり、彼等が生きた歴史的貴重物だと分かるし、何よりバルセロナのチームと、バルセロナの街に住む人との関係性に痺れるし、そんな全てがこの一日に集中してるから。

そして今朝の試合は痺れた。
カンテラ出身の選手の多さ、監督もカンテラ出身、戦術も点差も、人からの好感度など、ありとあらゆる面でバルセロナの圧勝だったけど、敗者の表情もモウリーニョのポーカーフェイスからは見えない感情とか、後半バルサがノリノリになって、ヒールパスばっかりやったり、ブスケツまで普段見せないテクニックをワールドカップのボランチコンビのアロンソに見せつけたり、と見所満載。

唯一残念なのはWOWOWの解説に岡田元監督が戻って来てしまい、岡田元監督の解説を聞かないふりをしなきゃいけなかった事。岡田さんは監督に就任する前、ずっとリーガの解説をしていたんだけど、本当に解説も人間的にもレベルが低かった。風水でW杯結果出されても到底認める事は出来ないし、前任のオシムさんに未だ感謝の言葉も無い、ただのガキだ。

どうやらクラシコを生観戦したのも初めてだったようで、今更少年のようにこんなサッカーをいつかしたいじゃないか!と目を輝かせる始末。監督のグアルディオラがクライフに感謝の言葉を伝え、イニエスタがスペインの地域間の問題を緩和し、オシムさんが最後のユーゴスラビアを率いてW杯を闘った事など、あのアホは理解してない。クライフと対談したのがチラっと流れたが、質問したことを全て無視されていた。過激になってしまったけど、本当に嫌いなんだな、岡田元監督が!


一年に一度のクラシコの現地観戦、
サッカー好きには是非!
チケット、飛行機代より高いけど!
スポンサーサイト
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 blog de Moocho , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。